2007年09月18日

Y邸が完成!引渡しでした

行楽シーズンで高速道路は大渋滞でした。
と言ってもラジオの交通情報での話し。

練馬のY邸がいよいよ完成して、
15日の土曜日は、引渡しに立ち会ってきました。

もちろん、抗酸化住宅プラスSE構法にセルロース断熱。
弊社のエコンフォース仕様です。
最高の住宅と言えるでしょ(^0^)
なんと言っても、ただ家にいるだけで健康になれるんですからね!
それ以外にも、光熱費削減。
と言う事は、環境に非常に良いということです。
夏・冬エアコンをガンガンかけないと住めない家は、
これからは失くさないと!
日本中、いや世界中が抗酸化の家になると
(新築だけではなく、リフォームでも)どんなにすばらしいか!!
次になる総理に教えてあげたいですね(^9^)
posted by niimさん at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

道路清掃&府中の抗酸化住宅見学

ほぼ毎日行っている道路清掃。
最近は、甲州街道と神社の落ち葉が目立つようになって来ました。
ちょっと前までは暑いって言っていたのに・・・・。
秋の気配を感じるようになりました。
でも、これからが大変です。
毎日のようにごみ袋に一杯になるぐらいの落ち葉の量です。
今日は意外にタバコのポイ捨ては少なかったです。
10本ぐらいだったなぁ?!
今までに何本拾ったのでしょうか?何千本かなぁ?

私もタバコは吸います。が、掃除をするようになってからは、ポイ捨てはしていません。
最近何処行っても片身の狭い思いでいます。そろそろ止め時?

あっそうだ!
昨日、陶板浴に来ていただいている藤沢の方から、
府中で工事している抗酸化の新築現場を観たいと連絡があり、
ご案内してきました。
この方は、ちょっと自立神経のバランスが悪いとのこと。
2階に上がってしばらくすると、頭の痛みが無くなった。とおっしゃっていました。
こんな家で暮らしたい。
自分のアパートも早く抗酸化にしたいとも。

いつも思うのですが、新築中にも関わらず、全然臭いがしないです。
空気がほんとに違っていて、きれいです。
posted by niimさん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

講習会でした

昨日は、東京都耐震診断の講習会。
朝9時半から17時まで。

耐震診断及び改修工事の助成金が各区市町村で行われていますが、
「どのようにすればいいのか」、「どこに相談すればいいのか」などの
問い合わせも多く寄せられているようです。
このような都民の要望に応えるため、東京都は、平成18年度から、
東京都木造住宅耐震診断事務所登録制度を発足させ、
木造住宅の耐震化に必要な技術を持っている建築士事務所を登録し、
公表することになりました。
都からの助成金制度も行うようになるようで、その為にも登録制度を作ろうとしています。

9時半から15時まで講習会で、その後17時まで考査があり、
合格した人の事務所のみが、都に登録出来るシステムです。
参加者は400名ぐらい。その殆どが設計事務所。
私たちの仲間(木耐協)の人たちも沢山来ていました。

都庁の方の話だと、都全体で助成金を使っての耐震診断の申し込みが
3,000件ぐらいで、補強工事をした方が250件だそうです。
8.3%しか補強工事に至っていない。

なぜ、助成金を出してこんなに少ないのか?
私から言わせてもらえば、ホントに制度が悪すぎるからです。
住宅の本来の姿は、一つの会社が
営業・企画・契約・工事・アフターメンテまで、
一貫してやっているのですが、
耐震補強については、殆どの自治体において、
診断は設計事務所が受け皿になって行い、
補強は知り合いの工務店でというしくみになっています。

また、助成金にしても、自治体によって違いは有りますが、
耐震診断の場合で、5万円前後。
しかし、実際に設計事務所に依頼すると、
15万円前後の費用が掛かります。自己負担が10万円前後。

補強工事についても助成金がありますが、
多くの自治体では、倒壊するような悪い評点を
一応倒壊しないという評点(1.0)にまで引き上げる工事をしないと
助成金を受けることが出来ない。

また、殆どの倒壊は1階部分なのに、
2階も同じように補強しなければいけない。
そうすると、何百万もの費用が掛かったりします。
都内では助成金の最高額が100万円です。
それでも、自己負担が相当必要になります。

弊社及び木耐協の考えは、
多くの人の生命を一番と考え、
先ず出来る事から、その人に合った補強を進めています。
診断をして悪ければ補強が必要なんです。
補強をする、しないといった、0、又は100の世界ではダメです。
悪いところを少しでも補強をしてもらう事を進めています。
早く東京の助成金システムが、。活用し易くなる事を望みます。
posted by niimさん at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

台風直撃!!

昨日、台風が来ると言う事で
早めに退社(PM7:00)しようと思っていたところ、
既存のお客さんからの電話。

雨漏りがしているから、来て欲しいと。
すぐさま、工事部長の高橋と佳佑と私の3人で緊急出動!!
2階建ての1階洋室の天井から漏っていました。
以前にも雨漏りして、直してもらったらしいのですが
(弊社ではありません)、
水掛けテストもしないで、この辺りでしょう
という事で処置したそうです。
今回は、それ以外の所からの雨漏れです。

ちゃんと確認しないとこうなるのです。
とりあえず、漏っている天井を撤去。
観ると、1階の下屋(2階が1階より小さい場合の1階屋根部分)の
雨押さえ板金(屋根と2階の壁の取り合い部分の板金)からと、
破風(屋根の先端部分)からの雨漏れとのようです。

とりあえず応急処置は、天井面にビニールを張って、
天井のあちこちからポタポタ漏っている雨を一箇所に集めて
バケツで受けられるようにして、
いっぱいになったら捨てていただくようにしました。
処置終了は10時ぐらいでした。
腹へった(――)
高橋・佳佑サンキュウ  頼りになります(^0^)
ちなみに、石塚も気を使った電話をありがとう!!

普段の雨では漏らなくても、
台風とか風の強い横殴りの雨の時に漏るケースが多いようです。

安易に外装の吹付けをし直せば漏らない、
とか言う業者さんもいるようですが、
これはあくまでも2次防水に過ぎません。
漏っている箇所を突き止めて処置しないと、
また繰り返す事もあります。

木造は水に弱い。シロアリ被害・腐朽菌による被害。
でも、水による影響が無ければ、
100年でも200年でも耐用年数は延びると思います。
メンテナンスの重要性をもっと感じてもらいたい。
posted by niimさん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

陶板浴 料金改正です

7月から8月末まで感謝祭と称し、1回500円で入れるサービスを致しました。
この夏の暑さにも係わらず大盛況でした。
殆どの方の希望が少しでも安ければもっと多く来れるのに。でした。
還元陶板浴は1・2回来てすぐに良くなることはほとんど無く、
回数を重ねないと効果が分かりにくいです。
やはり、皆様には1回でも多く来て頂き、
健康を取り戻していただきたいと思い、
10月1日から、入浴料金を下げました。
9月中は準備期間として回数券の切り替え等を行い、
切り替えて頂いた方から新料金でご利用いただけるようにしました。
ちなみに、回数券は1200円/1回だったものが、833円/1回になりました。
リーズナブルでしょう(;−;)
早速、昨日から実施したのですが、皆喜んでいただきましたよ(^0^)

また、昨日は江戸川区の八三郎(陶板浴の名前)の社長の息子さんがおみえになりました。
いろいろ意見交換をしましたが、最近陶板浴でホットヨガを始められたそうです。
なんだか好評そうです。
今度視察に行ってきますので、また、報告いたします。
posted by niimさん at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

早いですもう9月!

なんかあっという間に、9月になりました。
先週研修会に参加してから、何となく身体がだるいんです。
歳かなぁ?
陶板浴も1週間ほど入っていません。
昨夜は十分睡眠を取り、今朝仕事前に30分ほど陶板浴しました。
多分これでOKでしょう!!
スタッフにもこの暑さだから睡眠は十分に取って、
陶板浴に入るように言ってます。

9月は関東大震災があったので、防災週間・月間なので、
消防訓練等が行政・自治体で行われております。
ところが、TVなどでは地震での住宅倒壊を防止するような番組は殆どしていませんね。
一般の方の意識を変えるのに非常に重要だと思うのですが・・・?
今一度、自分の家の危険性を再確認してほしいです。
東京は首都圏直下型地震が来る可能性は十分にあるのに、
何故補強が進まないのだろうか?来てからでは遅いのに・・・・?
一番邪魔しているのが、自治体の補助金制度と思っています。
あれほど診断をしていながら、何故補強まで行かないのか?
不思議でたまりません。
と言っても始まらないので、やれることをやっていきます。(^0^)
がんばりますよ。
posted by niimさん at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 耐震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。